宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

14日早朝、集団で税金申告した人への収支報告書の提出を求める不当な事後調査に抗議する集会が信夫山で

毎年税務署は集団で税金申告した人へ収支報告書の提出を求めるハガキを送付、自主申告運動に圧力をかけています。今年も抗議の集会が信夫山で開かれ参加しあいさつ。 国民の生活が厳しさを増すもとで、年金100年安心どころか、夫婦で90歳代まで生きると…

福島市の特養ホーム定員は、3か年で90人の増にとどまり、待機者は依然として1300人超え、全県では3か年で1000人の定員増、待機は依然1万人超え

福島市の老人福祉費が県内平均と比較すると一人当たり2万円も低い実態があり、介護サービス不足が主な要因ではないかと考えて、この間の定員変化の資料を取り寄せました。2016年4月の施設定員数は1317人、2019年4月の定員数は1407人で、…

9日、市議選候補者キャラバンで山田裕候補小熊省三候補とともに訴え。ぼっこれ飛行機なんか買わせるな

告示前2週間となった9日、二人の候補の宣伝キャラバンが取り組まれ一緒に訴えました。山田候補とは、飯坂町湯野北原で、農作業で忙しい皆さんがお昼時なら集まれると時間設定し、多くの方が集まってくれました。話を聴いた人から農家の生活は大変だ、ぼっ…

8日、午前、野口書記長とともに街宣。若者が消費増税やめてと差し入れ。県高教組大会で挨拶。県立高校改革、高校エアコン問題などを報告

8日、午前中は野口書記長と街頭宣伝。雨の中渡利いちい前でずっと話を聴いてくれた青年は、消費税増税は何としても止めさせてほしいと訴え、頑張ってと飲み物を仕入れくれました。 午後は、県高教組大会が開かれ、共産党としてあいさつ。県立高校改革前期実…

7日、避難の共同センター、被団連が避難者の住宅支援継続を求めて県交渉。

7日、全国の避難者を支援する避難の共同センターと被団連が共同で、県に対して住宅支援の継続を求め交渉、私も参加しました。やり取りが集中したのは、国家公務員宿舎に避難を継続する自主避難者を3月末で打ち切り、4月以降ペナルティとした2倍家賃を取…

6日衆院福島5区に熊谷智いわき双葉地区委員長の擁立を発表。

県委員会は6日、解散風が吹くもとで衆院福島5区に前回も立候補した熊谷智いわき双葉地区委員長を擁立すると記者会見で発表しました。

6日、水野さちこ参院選挙区候補と共産党県常任委員会が選挙必勝の意見交換と懇談。

6日、水野さちこ参院候補がを招き、共産党県委員会事務所で、選挙必勝のための意見交換と懇談を行いました。県内野党と市民連合が政策合意した内容、とりわけ改憲反対、原発ゼロ、消費税増税反対の3点を語りつくすことが、県内有権者の気持ちと噛み合い、…

6日、福島市内をオスプレイが低空飛行したとして、市議団とともに市に対し国に抗議するよう申し入れ。

4日午後4時20分ごろ、福島市の蓬莱地区でオスプレイと思われる2機が低空飛行していた、ものすごい爆音で恐怖を感じたとの情報が寄せられました。県に問い合わせても防衛局からは飛行の情報は来ていないとのこと。機体を見た人は、あれは普通のヘリでは…

昨年4月1日の県内の特養ホーム待機者前年比で104人減少。福島市は72人の増加。サ高住が47戸の増

昨年4月時点の県内の特養ホーム待機者数が分かりました。全県では1万33人で104人の減ですが、福島市は72人の増で1307人です。特養建設が進まないため、依然として1万人の待機者が解消されません。減少となった要因が特養ホームの増設なのかど…

3日、只見川ダム災害金山町被害者の会が県の河川計画課に要望し懇談。

3日、金山町の只見川水害被害者の会の皆さんが県庁を訪れ、県の河川計画課に要望書を手渡し懇談しました。要望の主な内容は、只見川流域にあるダムに堆積した土砂の浚渫が適切に行われていれば、大水害は防げたのではないかと裁判に訴えてきたが、十分に主…

1日、参院選キャラバンで川俣町、蓬莱で訴え。水野さちこ選挙区候補と市民連合と県内の野党が政策確認書の調印式。2日は、福商連総会、岩渕議員と同席、ADR個別協議で31件が合意と東電が報告と。

1日は参院選挙の全県キャラバンが福島に入りました。野口さんは水野候補との調印式に出席のため途中でおり、私が変わって訴え。川俣町では、山木屋地区の仮設借り上げ住宅提供が3月末で打ち切られ、戻った人が希望が見えなくなっている現状があるのに打ち…

30日、6月議会に向けた知事申し入れ。くらしに希望を政治に、共産党提案の実現を要望。オスプレイ飛行中止で県南地方議員団とともに県に要望。

30日、6月議会に向けた知事申し入れを行いました。安倍政権の暴走政治の防波堤となる県政、くらしに希望の持てる政治の実現のため、党の3つの提案を示してその実現を求めました。先日の政府交渉や党の参院選挙政策を踏まえて、原発事故にかかわる問題で…

25日、志位委員長をむかえた演説会。増子参院議員、水野さちこ参院選挙区統一候補も挨拶。

25日、郡山ユラックス熱海で全県規模の演説会。志位委員長をむかえて1800人の参加で成功させました。福島選挙区でも市民と野党の共闘が実現し、統一候補となった無所属の水野さちこ予定候補も増子参院議員と共に挨拶、大きな激励と連帯の拍手に迎えられ会場…

24日、6月議会に向けた政調会。

6月議会に向けた政調会が開かれました。補正の規模は70億円。イノシシ問題に質問が集中、県の認識は甘い、駆除数自体を減らすことを考えるべきと指摘しました。、 教育、保育無償化では県内の対象数は3万人、うち認可外が162施設3700人です。事業…

20日、県内地方議員団が紙智子、岩渕友両参院議員とともに原発事故に係わる要望を中心に政府交渉

20日、県内の地方議員団が紙智子、岩渕友両参院議員とともに県内の要望を元に政府交渉を行いました。大震災、原発事故から8年が経過するもとで、複雑深刻化する県民の被害に国が加害者として真摯に向き合い対応するよう求め1日がかりで交渉。 経産省では…

17日、村山ブロック事務所開き。只見水害被害者の会の皆さんと懇談。18日、きょうされんの皆さんと懇談、山田ブロック事務所開き

6月23日の市議選告示に向け、4候補者の決起集会を兼ねた事務所開きが連続して行われました。20日には市選管の立候補説明会が開かれ、35定数に対し38の陣営が参加したとのことです。自民、公明に支えられる安倍政権言いなりの市政から市民のいのち…

14から16日まで常任委員会視察で会津方面へ。地域振興へ町は必死の取り組みが。

企画環境常任委員会の県内視察で3日間会津方面を視察。猪苗代町はオリンピックでガーナのホストタウンを名乗り出て迎えるための準備が進められていました。多ければ2か月間選手が滞在し練習することになりますが、問題は経費誰がどう負担するのか。ガーナ…

9日、東電第一原発視察、京都からの参加も含め18人が参加。まだまだ程遠い廃炉の道のり

9日、県議団としての東電第一原発視察、継続し支援しもらっいる京都からも6人が参加し、総勢18人が参加しました。最初に昨年開設した東電の廃炉資料館内を視察。シアターで事故当時の様子が映し出されます。冒頭に事故を起こしたことを深く反省する述べ…

6日、党と後援会合同で選挙学校。4人の市議選候補とともに決意表明。

6日は党と後援会の合同選挙学校。連休最後にもかかわらず大勢の参加者で熱気に包まれました。この日は、4人の市議候補が出そろいそれぞれ決意表明、闘う陣立てが出来上がり、いかに急速に広げるか時間との勝負です。秋の県議選と続く選挙が続きますが力をつ…

4日は中ノ沢温泉に1泊。

4日5日と連休唯一の休みを中ノ沢温泉に一泊しゆっくりと過ごしました。まだ桜が残っていて猪苗代の遅い春を楽しみました。温泉化に行く前に川桁の桜祭り会場で昼食。磐梯山の勇壮な姿に圧倒されます。

3日は憲法記念日の街宣。岩渕とも参院議員、市議団と一緒に訴え。午後は憲法集会に参加。日本の入国管理事務所の異常な人権侵害の実態を告発

3日の憲法記念日は恒例の街宣。右翼が来るのも恒例です。安倍政権が9条改憲で自衛隊を書き込むことに執念を燃やしているだけに、憲法を守る闘いにも気概が求められます。当日は国民民主党も福島駅前で宣伝行動を行いかち合いました。 午後から憲法記念日の…

5月1日はメーデー集会。今回は屋内。

メーデー集会は教育会館が会場に。安倍政権を退場に追い込もう生き高い集会なりました。十連休のためか人数はいつもよりは少なめに。

29日、市内のメガソーラー予定地を市議団とともに現地調査。

福島市内に乱立計画があるメガソーラー発電の予定地を市議団とともに現地視察。松川町水原開パ跡地は地元の後援会の方の案内でゴルフ場の上から視察。計画面積は吾妻開パよりも大きい。クマガイソウの群生地も近くにあり、観光資源になっており影響が懸念れ…

27日、生業訴訟原告団総会。

生業訴訟原告団総会が27日開かれ参加。これから高裁の現地調査も行われたのち来年春には判決が出る見込みで、地裁に続き現地調査が行われるのは珍しいらしい。公正な判決をもとめる署名に取り組むことが提起されました。

中林佳子参院候補、後藤県委員長をはじめ島根県党の皆さんが福島の被災地を視察し県議団とも懇談。

中林佳子参院候補をはじめ島根県の視察団一行5人が昨日から福島県入り。昨日はいわき市から北上し南相馬市小高区までを視察。今日は県当局の説明を受けた後県議団と懇談。現地に来てみなければわからないことが沢山あり大変勉強になりましたと話していまし…

22日共産党地方議員団が県率高校改革について県教委に要望書提出し交渉。

2月に県教委が示した県立高校改革は県立高校の統廃合を進めるとともに、高校を序列化するもので、県内各地から反対の声が上がっています。22日は共産党地方議員団として県に要望書を提出し交渉しました。現場の教員や保護者も参加しそれぞれの立場から県…

22日被団連が住宅支援を求め県と交渉。県の姿勢は変わらず

22日、避難者団体連絡会通称被団連が避難者の住宅支援の延長を求めて県の担当課と交渉、私も参加しました。東京や神奈川に避難する方や、避難者を支援するNPO避難の共同センターの代表も参加。県との話し合いは今回が16回目とのこと。先月末で住宅支…

20日、佐藤信一さんを偲ぶ会に170人が参加。がんの早期発見のため検診受けよう。

20日、立子山少年自然の家で佐藤信一さんを偲ぶ会が催され出席。元飯野町町長さんや元議長さんなどゆかりのあった170人が参、幅ひろい皆さんとの交友がしのばれます。信一さんは私が医療生協に就職した当時の事務長で、共産党支部の支部長でした。原則…

19日は山形市議選応援。20日、清水地域後援会が花見を兼ねた議会報告会。ここでも2人からオスプレイを見たとの報告が。

19日は、山形市議選応援で福島市の皆さんと山形市へ。3から4へ議席増を目指す選挙、一番若い石山候補の地域で活動。何としても当選してほしい。 20日清水地域後援会の花見を兼ねた議会報告会が開かれ参加。県議団がオスプレイ飛行中止を求める申し入れ…

児童養護施設職員の労働環境の改善要望が寄せられました。

17日夜、わたり病院職員後援会の議会報告会で、参加した方から児童虐待の問題にかかわって、保護された後の児童養護施設の運営、職員の処遇等についても考えてほしいとの要望が寄せられました。聴くと、娘は朝早い出勤から中抜けの休憩がありまた夕方から…