宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

被災者支援にならない災害救助法は見直しする政権に。

災害の被災者を救援するための災害救助法が被害の実態に合わない事例が相次いでいます。住まいの再建に利用する応急修理の支援対象が余にも限定的です。私の自宅付近で床上浸水したお宅に応急修理の制度を紹介し申請を勧めたところ、畳の取り換えだけでは対…

激しい選挙戦勝ち抜き、3選を果たすことができました。

11月10日投票の県議選挙で激戦を勝ち抜いて3選目を勝ち取ることができました。ご支援いただいた皆様に感謝申し上げます。今回の県議選挙福島市選挙区は、定数8に自民党が5人を擁立し、新人2人がいずれも自民党という攻勢的な構えで臨んできた選挙の…

長野県は半壊住宅に50万円の独自支援を決定。

福島県同様住宅被害が大きかった長野県は、国の被災者生活再建支援法の対象とならない半壊の住宅について、県が独自に50万円の支援を行うことを決定したことが伝えられました。福島県は独自支援の考えはまだありません。住まいの再建には莫大のお金がかか…

25日、学校給食無料化を進める会が県に1万6千人を超す署名提出し記者会見。

全県で署名運動に取り組んできた学校給食無料化を進める会は、25日この間集められた1万6千人を超す署名を県教委に提出しました。これに先立ち記者会見も行いました。県として無償化化を求める要求は広範囲にあり正に全県民的要求です。今度の県議選挙で…

23日、裏山崩落、河川護岸崩落等の復旧で県に要望

23日、この間現地調査したものを県の建設事務所、林業事務所、災害対策課に小熊市議とともに申し入れを行いました。 裏山の崩落では、激甚災害の場合に活用できる林地崩壊防止事業の適用を求めました。県は、実施主体は市になるのでね市から上げてもらえれ…

台風被災者支援のため連日訪問と現地調査し、21日福島市と県の危機管理課に要望書提出

台風被害は福島市内でも広範囲に発生しており、連日現地調査と被災者の聞き取り調査に奔走しています。福島市の避難所にいる方は、ヘルシーランドが22日までしか無料開放されないので延長する事、利用時間の延長、民間入浴施設も無料で利用できるようにな…

12日から13日にかけての台風19号による被害が全県に大きな爪痕。福島市内でも床上浸水、土砂災害等多数に。14日は市議団とともに現地調査し市と県に申し入れ。15日に県委員会、県議団として県に申し入れ

12日から本県にも大きな影響が出た台風19号の被害は、県内で現時点で分かるだけで死者25人に上りました。13日、市議団とともに市内の被害状況を調査。濁川が決壊しR115号と旧4号線の交差点付近が広範囲に浸水、住宅が一面浸水しました。濁川は…

6日、福島市で共産党演説会。市田忠義副委員長が演説。

6日、県議選挙に向けた福島市での演説会が開かれました。市田忠義副委員長が前日の伊達に続き福島市でも訴え。消費増税が強行された直後の県議選で県民の怒りを示そうと呼びかけ、共産党の5%へりの減税提案を詳しく解明。原発問題でも、原発マネーの闇の…

3日、県議会最終日。伝承館条例、避難者追い出し裁判議案等に反対。

3日、9月定例議会が閉会。吉田県議と阿部裕美子県議が討論。採決では双葉町にできる伝承館アーカイブ施設設置条例の利用料金大人1人600円は高すぎる、むしろ無料にすべきと述べ反対しました。 また、国家公務員住宅の避難者の内、県と契約しない5世帯…

今日から消費税が10%に増税強行。満身の怒りを込めて街頭から訴え。

安倍政権は、国民の大反対を押し切って今日からの消費税10%への増税を強行しました。今朝の街宣からこの暴挙に対して満身の怒りを込めて抗議、緊急に5%に減税をと呼びかけた党の提案を紹介、ともに力を合わせましょうと訴えました。 夫にもプレミアム商…

宮川県議が総括質問で、汚染水問題、大規模風力発電による環境破壊の危険性、高校統廃合問題を取り上げました。

10月1日の総括質問で、宮川議員は、東電の汚染水問題、大規模風力発電による生活と環境破壊の危険性、磐城の県立高校統廃合問題等で県を質しました。答弁は相変わらず。常民の生活権が脅かされる大規模風力発電計画は、県が住民合意が無いものは中止を求…

28日は1日街頭宣伝。29日は清水後援会の囲む集いに参加。30日朝は伏拝交差点で宣伝行動。

28日は一日中街頭宣伝で市内を巡りました。どこでも話を聴こうとする人がいて、県議選に向けて政治的関心の高まりを感じさせます。 29日、清水後援会が芋煮会を兼ねた囲む集いを開いていただき参加。様々な疑問質問も出されるなど、双方向のつどいとなり…

27、28日と決算委員会の県内調査でいわき市、相双地区を視察。

決算審査の県内調査でいわき市と相双地区を視察しました。いわき市ではいわき振興局、磐城高校で審査。振興局では、県税の徴収猶予措置件数が9件あり、差し押さえだけでなく猶予の措置も取られていました。これは相双振興局でも同じで、金額はむしろ相双振…

24日から2018年度決算委員会。

2018年度の決算を審査する決算委員会が24日から始まりました。全体ではイノベ関連事業費の決算状況の提出を求めました。県立病院では、矢吹病院の小児思春期外来の待ちが3ないし4か月、その間に心理療法士等が面談する福島方式を取っているとのこと…

21日、22日と松川事件70周年集会、1日目のみ参加。2日間で1300人の参加に

1949年8月17日に起きた松川事件。列車転覆で3人が死亡した事件を引き起こしたのは共産党関係者だとして死刑判決が下されましたが、公正な裁判を求める国民的な運動で全員無罪を勝ち取った闘いは、今も松川に学ぼうと語り継がれるように闘いは裁判所…

19日、20日、生活環境部、企画、復興局審査

生活環境部では、避難区域の建物解体が進まないとの苦情もあり進捗状況を質しました。帰還困難区域内の特定復興再生拠点では、希望棟数に対し半分程度で解体と除染がが完了。 高齢者の交通手段の確保に係わって、タクシー代補助が昨年の実績が余にも少なかっ…

17日、神山県議が一般質問。県独自の原発事故検証を求めても国が行うことと後ろ向き。

17日、神山県議が一般質問に立ちました。知事には、原発事故の検証を県が独自に行うべきと質しましたが、一元的に国が行うべきものといつもの答弁を繰り返すのみ。プルサーマルに反対した当時、県が取りまとめた中間まとめの策定に当たったの内堀知事だっ…

県議選に向けた決起集会、市民連合の根本さん、金子衆院議員の秘書さんから応援のあいさつをいただきました。

16日、県議選に向けた決起市誘拐が開かれ140人の参加で会場は一杯に。安田純治市の後援会長挨拶のほか、市民連合の根本仁さん、金子衆院議員秘書の中川さんから激励のご挨拶をいただきました。各界の皆さんからも共産党県議の必要性が熱く語られ、勇気…

14日、渡利地区敬老会に出席。米寿代表は小林忠道元福島商工会議所専務ご夫婦。最高齢は108歳の菅野定吉さんで県の最高齢者

14日、渡利地区の敬老会があり出席。お祝いは米寿のみになり淋しくなりました。今年の米寿代表は小林忠道元福島市商工会議所専務。同年齢の奥様とともに出席され米寿を代表する挨拶をされました。奥様は市内でローゼンケラーを営み今もお元気でお店に立た…

11日、代表質問。使用済み核燃料処理は国の責任を求める事、環境大臣の汚染水は海洋放出しかないとの発言に抗議し、タンクによる保管を求めること、自主避難者の裁判での追い出しは止める等を求めました。

11日、共産党県議団の代表質問に立ちました。知事には、福島第二原発廃炉に伴う使用済み燃料保管について、最終処分が決まらなければ、なし崩しで福島が最終処分場にされてしまうと県民は不安を持っている。国が最終処分場を決めないままに再稼働を進めて…

9日、9月定例会が開会。知事の提案説明で復興が力強く進み始めている一方、困難もと

9日から9月県議会が開会。知事は提案説明で、復興は力強く歩みを進める一方で、多くの県民が避難生活を続けており複雑で難しい問題をかかえており、長い時間を要する復興の体制と財源確保が不可欠だと述べました。具体化では、外からいかにして呼び込むか…

6日、県議選事務所開き。16日決起集会、来月6日は演説会

6日夕方、宮本しづえ県議選対事務所開きを行いました。現地で行ったので事務所から溢れてしまいましたが、県政を変えるうえで共産党県議団が果たしてきた役割を知っていただく良い機会になりました。自民党が定数8で現有3議席に対し5人を擁立し攻勢的構…

1日、福島市女性後援会総会で県政報告。

1日午前、市内の街頭宣伝を行っていると、90歳近い方から声をかけられ、年よりも安心して暮らせる政治にしてほしいと。公立幼稚園を退職したと言う方は、幼児教育、保育の無償化で保育の質が心配だとの声が寄せられるなど、選挙が近づくにつれて要望も多…

31日、浪江津島からの避難者から要望を聴きました。1日帰還困難区域でも自宅に戻りたいと、福島市女性後援会総会。街頭宣伝で安倍政権はダメ、県政も変えたいとの要望が

31日、帰還困難区域の浪江町津島から福島市に避難している高齢者ご夫婦から、直接話を伺いました。浪江の馬場績町議も同席。津島は帰還困難区域で特定復興再生拠点の面積も少なく、そのお宅は拠点に含まれません。いずれは自宅に戻ると決意していた。帰れ…

28日、共産党国会議員団とともに双葉、大熊両町を視察。帰還困難地域の復興は緒にも着かない。29日、国会議員団との懇談。

28日、国会議員団福島チームの責任者高橋ちづ子、岩渕友事務局長らメンバー5人とともに県議団予定候補全員参加で、大部分が帰還困難区域の双葉、大熊両町を視察しました。 双葉町では伊澤町長らから説明を受け懇談。町長は、双葉町はまだ避難解除が行われ…

福島市のがん検診の自己負担額が改定に。引き上げ引下げあるが、依然高い水準変わらず

27日、市民検診を受けました。福島市のがん検診の自己負担金が改定されました。今日は大腸がんと肺がん検診でしたが、大腸がんは700円が500円に、肺がんは1000円が800円に、肺がんも1000円が800円に下げられました。一方、胃がん検診…

9月議会に向けた知事申し入れ。第二原発廃炉決定を踏まえた対策、避難者追い出し問題等について要望

23日、9月議会に向けた知事申し入れを行いました。参院選挙の結果を踏まえれば、安倍政権が信任されたとは言えず、消費税増税中止、改憲中止と日米地位協定の見直しなど、県民生活と安全に係わる問題で県の対応を求めました。 特に福島第二原発廃炉に係わ…

20日、9月議会に向けた政調会。第二廃炉の課題、避難者への対応、教育問題等で問題提起

20日、9月議会の政調会が開かれました。9月議会は9日開会、今議会は11日に私が代表質問を行う予定です。おり、地域からも永久保管地にされるのではないかとの不安がある問題で、県の考え方を聴きました。県としてはあくまで一時的な保管として乾式キ…

お盆明けに、国の自治体戦略2040構想とは、学力テストを考える学習会に連続参加。

17日、19日と連続して学習会が開かれ参加。 17日は、県の自治体問題研究所主催で、岡田知弘京都大学名誉教授を講師に「自治体戦略2040構想とは」についての学習会が開かれました。岡田先生は地方自治、地域経済学の専門家で、今から15年前の福島…

県が大熊、双葉町に限り仮設住宅の延長を決定。

県は、5日に開いた復興推進本部会議で、来年3月以降の仮設借り上げ住宅の延長を大熊、双葉両町に限定して認める方針を決定しました。昨年の決定で、大熊、双葉町を除き、帰還困難区域を含めて来年3月で終了としていましたが、今年それを改めて確認したこ…