読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

賠償打ち切り、値切り問題で復興共同センター,福商連が県の担当に実態を伝え話し合い

 県内各地で東電が賠償打ち切りや値切る事例が相次いでいる問題で、県復興共同センターと福商連が県の賠償担当課に要望書を提出し、実態報告と懇談を行いました。

f:id:m-sizue:20151209191618j:plain

 東電が打ち切る理由は相当因果関係が認められないということですが、抗議すると半分や3分の1でどうかと値切ってくる。基準はなく東電が判断するのも被害者は納得がいかない問題です。被害は継続している立場で、県は東電、国に求めてほしいと参加者からは強い要求が出されたのは当然のことです。