読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

500床以上の県立病院の特別料金負担義務付けにより、初診で5400円、再診で2700円の患者負担の議案が提案されることに。

 国の健康保険法と診療報酬改定により、紹介状がなく500床以上の病院にかかる際、初診では5400円、再診では2700円の患者負担が義務付けられたため、県も議会の議決を経て福島医大付属病院、会津医療センターの2つの病院で患者負担金を取るための議案が出されることになりました。これまでは、初診時に限り3090円の特別料金を徴収していましたが、義務ではなかったもの。診療報酬を引き下げ、代わりに患者から特別料金を取れというのは余りにもひどいもの。今度は徴収を義務付けた点で、安倍政権の患者切り捨ての姿勢を露骨に示すものです。

 国の基準は初診5000円と2500円ですが、これに消費税がかかるため5400円と2700円になるとの説明です。医療費は消費税がかかりませんが、病院が医療機械や材料費を購入する際は消費税がかかるため、損税となっています。