読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

県内の3野党共闘実現後初めての共同街頭演説会が福島市からスタート。

f:id:m-sizue:20160606170007j:plain

f:id:m-sizue:20160606170041j:plain

 本日午後、参院選公示を前に県内の野党3党が揃って福島駅東口で街頭演説会を行い増子輝彦参院議員、統一候補も訴えました。ここには野党の県代表とともに、県の市民連合代表委員の那須稔夫さんが司会を務め、全国の市民連合代表委員の一人西谷修立教大学教授も訴えるなど、統一候補らしい陣立ての演説会となりました。

増子候補は、このような場ができたことを感謝したいと述べるとともに、安倍政権の危険性について、安倍首相の父親である安倍晋太郎氏のもとで国会議員になったことを紹介しつつ、今の安倍政権には父親も苦言を呈するだろうと述べ、何としても安倍政権を打倒する決意を述べて大きな拍手に包まれました。最後は青年の組織ダッペのみなさんのコールで安倍政権倒そう、選挙に行こうとシュプレヒコール

 マスコミ各社が取材するなど大きな注目を集めました。これから県内主要都市で共同の演説会が予定されています。