読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

30日、増子候補と野党幹部、市民連合が揃い踏みで福島市で合同演説会。共産党の総決起集会で市田副委員長が劇的な選挙情勢、最後まで心ひとつに闘おうと訴え。

 参院選挙の折り返し点となった30日、福島市で野党幹部、市民連合が揃って増子候補とともに合同街頭演説を行いました。共産党からは市田忠義副委員長が民進党は枝野幹事長、社民党又市幹事長が訴え。全国の市民連合共同代表やシールズからも訴えがあり、市民と野党の協同した闘いにふさわしい演説会となりました。増子候補も気迫の訴えで必ず勝たせてほしい、一人一人が周りに声掛けしてほしいと支持拡大を呼びかけ。

街頭演説後、市田副委員長が参加して党の決起集会を開催。これまでにない歴史的な戦いになっている全国の情勢の特徴に触れて、頑張れば結果につながる闘いだと強調、最後までの奮闘を呼びかけました。

f:id:m-sizue:20160704154638j:plain

f:id:m-sizue:20160704154725j:plain

f:id:m-sizue:20160704154833j:plain

f:id:m-sizue:20160704154918j:plain

f:id:m-sizue:20160704155019j:plain