読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

土木常任委員会で大笹生ICと月舘高架橋を視察

 東北中央自動車道の大笹生ICはほぼ完成しており、今年の秋には東北道とのJC丁まで開通予定です。福島市はこの周辺に道の駅を整備する計画。予定地を聞くとまだ検討中で決定してはいないとのこと。IC設置を見込み、福島市は吉田市長の時代に周辺の農地をほ場整備事業から除外してきた経過があります。10数年を経てようやく具体的な土地利用計画が動き出すことになりました。米沢福島間の全線開通は2017年度の予定。福島米沢間は約20分の短縮となる見込みです。

月舘町の御代田に作られていた相馬福島道路の月舘高架橋は上部工もほぼ完成。国直轄工事で鹿島建設が請け負っています。高さ50mの橋で、高度な技術が求められる工事ですが、県内事業者の育成の観点からも、JVを組んで地元業者が参入できる仕組みづくりも必要と感じました。

 

f:id:m-sizue:20160701170258j:plain

f:id:m-sizue:20160701170554j:plain

f:id:m-sizue:20160701170904j:plain

f:id:m-sizue:20160701171057j:plain

f:id:m-sizue:20160701171247j:plain