読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

21日はいわき市に応援に。22日、福島市内岡島地区の太陽光発電施設付近山林の倒木の危険個所を事業者が伐採することに

 21日は福島市内の皆さんと一緒にいわき市市議選応援に新人の坂本候補事務所に行きました。1日で21か所から街頭宣伝。中央台には広野町楢葉町の避難者が住む仮設住宅があちこちにありました。今回は有権者ではないものの、原発問題の訴えには力がこもります。 

 8月2日の豪雨で森林伐採して太陽光発電を整備中の岡島地区で、雨水が住宅に流れ込んだだけでなく一部の大木が倒れる危険があることから、県に対応を要請していたところ、太陽光発電事業者が木の伐採を行うことが分かりました。山をむいて開発を行う場合には必ずこのようなリスクが生じます。現在のの法体系だけでは対応できない問題が増えつつあるようです。