読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

3日、渡利地区敬老会。午後県革新懇総会、矢野裕元狛江市長が講演

 3日午前は渡利地区敬老会。我が家の89歳の姑は定例のデイサービスの日でした。小学校の体育館には77歳以上の元気な方々が参加。渡利地区の100歳以上は7人、福島市では100人になるとのこと。高齢者がいつまでもお元気で過ごされることを願います。代表して記念品を受け取られたお77歳の佐藤文子さんと88歳の斉藤幸治さんの二人を写真に収めました。アトラクションでいつも見事な演奏を披露する渡利小の吹奏楽部は、全国大会でも受賞するほどのレベル。今回もアンコールの拍手に応えて一曲。

f:id:m-sizue:20160907102532j:plain

f:id:m-sizue:20160907102500j:plain

 午後は県革新懇総会。全国革新懇代表世話人の一人である矢野裕元狛江市長が記念講演。市長時代にいかに市民のための市政を市民参加で築き上げたかの豊かな実践が語られました。保守革新を問わず、市民にとって利益になるのかどうかの視点で、様々な政策判断を行ってきた実践的なお話は、今後の市民と野党との共闘を進めるうえでも大変参考になりました。

f:id:m-sizue:20160907101708j:plain