宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

4日午後、6月議会に向けた知事申し入れ。

 4日、6月議会に向けた知事申し入れ。安倍政権の福島県民切り捨てを許さず、被災県民に寄り添った県政を求めました。私からは

特にこの間県内で問題となっているモニタリングポスト撤去は、県としてまだその時期ではないとの立場に立って対応すること、二本松市原セ地区で住民の大反対が起きている除染の除去土壌を再生利用する実証事業は行わないこと、事業者の賠償のが事実上打ち切られている問題等について県民の立場に立った対応を求めました。

 

f:id:m-sizue:20180604152438j:plain

f:id:m-sizue:20180604152622j:plain