宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

医療生協後援会で議会報告と懇談。収束作業に国が責任を持っていなかったなんて初めて知りましたと

23日夜、医療生協後援会が議会報告と懇談会を開催。佐藤真知子市議とともに参加しました。

福島市が学校給食を全部センター化し民営化する方針を明らかにした問題で議論が集中。原発事故で健康不安が高まる中で、なぜ今民営化、センターかなのか、瀬戸市長は子どもの健康対策を何も考えていないと同じ事と厳しい批判が相次ぎました。

P1030024_2


福島原発事故集村に関して、国が責任を負う態勢を作らせることが当面の一番の焦点ですと報告すると、国が責任を持っていなかったなんて知らなかった、本当なんですかとの質問も。

あれだけの事故現場を東電任せにして、再稼働、輸出に走る政府の姿勢は、被災地の県民から見たら到底信じられない事なのでしょう。