宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

29日一般質問。コロナ対策、大震災原発事故伝承館の運営問題、気候変動対策、伊達市イオン誘致等について質問

29日、一般質問を行いました。コロナ対策では、集中治療用ベッド、エクモ装置の整備、保育所や学童クラブ、院外薬局、消防士等への慰労金支給を求めました。県内のエクモ装置を稼働させられるのは6つの医療機関とのことです。保育所や学童クラブ職員の慰労金は、知事会を通じて国に求めていると答弁。ならば県が独自にでも支給すべきと求めましたが、その姿勢はありません。知事には環境問題で県として2050年のCО2ゼロを表明することを求めました。世界は2030年までのゼロ宣言を行っており、日本は20年も遅れていると指摘、せめて2050年ゼロを表明すべき、CО2削減をいうのであれば、石炭火発の新設は止めるべきと質しましたが、答弁はありません。原発事故関連では、避難者の実態調査の実施、医療、介護の減免の継続、帰還困難区域の除染と避難解除について質しました。双葉町に開設した伝承館の語り部に対し国や東電批判を禁止するマニュアルを作り語り部をチェックする検閲のようなやり方は止めるべきと求めましたが、マニュアルが不適切とは認めませんでした。イオン誘致では、県の商業まちづくり推進条例に沿う県の対応を求めました。最後に県立夜間中学設置を求めました。

f:id:m-sizue:20200929171834j:plain

 

f:id:m-sizue:20200929171948j:plain

 

f:id:m-sizue:20200929172032j:plain

 

27日、福島県、福島市革新懇が金子恵美、岩渕友利用国会議員をよんで国会報告会

 27日午後、県と市の革新懇が国会報告会と懇談会を開催。金子恵美衆院議員は安倍政権の継承を掲げる菅内閣では政治は変わらないばかりかもっとひどくなると指摘、次期総選挙で議席を守りたいと決意を述べました。

f:id:m-sizue:20200928155253j:plain

 岩渕友参院議員は、野党共闘が政策的にも発展してきた。臨時国会では枝野立憲民主党代表に共産党首班指名で投票したと述べ、この道を進んでこそ政治を変える展望が開かれると強調。各界から新しい政治の実現をと政策要望が次々と出され、これを受けて2人の国会議員が答える形で議論が深まりました。

f:id:m-sizue:20200928155329j:plain

f:id:m-sizue:20200928155353j:plain

 主催者あいさつした安田弁護士は、自身の革新共同での議席獲得の経験を紹介。

24日、神山県議が代表質問。防疫の観点に立ったPCR検査の方針が見られず

 24日、神山県議が共産党の代表質問に立ちました。会津医療センターでは15人のクラスターが発生しているにもかかわらず、職員等を全員検査の対象にする視点が見えません。知事は、検査の必要がある人、関係のある人は検査できるようにしていると答弁しましたが、会津医療センターで働く人、入院、通院する人はみんな関係する人として検査対象にすべきです。

 原発汚染水の海洋放出について、知事は風評被害対策を求めてきた、慎重な対応を求めていると答弁しましたが、処理方法を今結論を出そうとしていることに対して賛成か反対かの自らの意見は述べませんでした。