宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

平田村と古殿町が帰省する学生に無料でPCR検査を実施へ。早く県も事業化を

 6日新婦人県本部が県に要請した事項が、町村独自の事業で実施との嬉しい情報が入ってきました。平田村と古殿町が、帰省する学生に対して無料のPCR検査を実施すると発表したのです。各町村は感染拡大を防止する目的で事業化したもので、冬休みや春休みの帰省も対象にし予算化したとのことです。かかる費用は全額町村が負担するとしており、平田村は1回の検査費用は1万4800円、100人分を見込んでいます。

 県が実施すれば、県内出身学生は全員検査を受けられるようになります。市内でも自宅に帰省する前に一定期間ホテルで待機してから家に戻る対策を講じた世帯も出ていると聞きます。経済的負担は大きいけれど、感染している場合の影響を考慮せざるを得ないと言います。お盆の帰省には間に合わなくても、大学が後期の授業もリモートでという大学も出ていると言われており、これからでも遅くはないので、是非県が事業化すべきです。

6日、新日本婦人の会が学生の帰省対策で県に要望。我慢も限界、精神的に異常な状態も

 新婦人県本部は6日、県内出身の学生に関して帰省を希望する場合のPCR検査の実施、帰らない場合でも食費等の支援を行うこと、アルバイトがなくなった時の雇調金制度の周知等を要望し懇談。首都圏で学ぶ学生は今年度後半もリモート授業が決定している大学もあり、自宅に帰省したほうが経済的にも精神的にも安定して学ぶことができると、帰省を希望する学生が増えていると言います。半年間帰れずに我慢して子どもたちが、限界になりつつあり、精神的に追い詰められていると親が危惧する事例が出ているため、安心して帰省できるよう検査体制を作ってほしいとの要望です。

 大学時代は精神的発達の重要な時期でもあり、不安が増大すると精神的疾患を発症する危険も増大します。福島県出身の学生がどこにいても安心して学べる条件整備を県の責任でつくる必要があります。 世田谷区が希望すればPCR検査が受けられるようになったため、世田谷に住んでいればよかったねとの会話になりました。県としてPCR検査を拡大する戦略を持って取り組むよう要望しました。

f:id:m-sizue:20200806170046j:plain

 

6日、県農民連が県に原発事故被害と農業政策に関する要望書提出

 県農民連は6日、原発事故被害と農業に関する要望書を県に提出し懇談。人数制限のため要望提出だけ同席。要望事項は、原発事故関連では原発ゼロを国に求めることや、汚染水の海洋放出に反対すること農林業の賠償、除染土壌の再利用を認めないこと、圃場の放射線マップの作成、農業政策では、コメの価格下落の懸念に対して20万t以上のコメの隔離を行うこと、家族農業の支援、農薬グリホサートの規制、桃の穿孔細菌病対策等を求めました。

f:id:m-sizue:20200806143749j:plain