宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

9日、志位委員長が郡山市で街頭演説。紙智子比例候補、小熊慎司衆院議員も訴え。

 9日、郡山市で志位委員長が街頭演説。紙智子比例候補が自分を含めた7人以上の比例当選をと力強く訴えました。水野さちこ選挙区候補に代わり訴えたのは、小熊慎司衆院議員。元は自民党だったが政治信条が合わずに辞めた、原発も安全だと信じ込んでいたが間違いだと分かったと述べて、安倍政権を変えるために水のさちこ候補を押し上げてほしいと力のこもった挨拶に参加者からは大きな歓声が。小熊議員がここまで話してくれたことに驚きとともに感動を覚えました。市民連合「の郡山みなせん」の人見やよいさんは、独自候補を下した共産党に敬意を表したいと述べ、統一候補を必ず勝たせようと訴えました。

 開会前に自ら呼び込みを行い意気込みが伝わる志位委員長の演説は、横断幕の花ガーベラの花言葉は「希望」と語り、共産党のくらしに希望をの3つの提案をとても分かりやすく説明。安倍政権を倒して国民が願う政治を実現しようとすれば、財界中心、アメリカ言いなりの2つの政治のゆがみに突き当たる、この歪みを正す立場を持っているのは共産党だけだと強調。原発問題では、大熊町の復興庁主催の車座集会が、三社の発言まで国がチェックし代えさせていたとの新聞報道を紹介し、福島切り捨てを許してはならないと述べました。この安倍政権を倒すため、水野候補を当選させ、比例で必ず共産党を伸ばしてほしいと訴えました。

f:id:m-sizue:20190710091327j:plain

 

 

 

選挙の中でも公的行事に出席。7日消防大会、8日渡利の自治振興協議会。9日は志位委員長が郡山で演説。

 参院選の中でも7日、8日と公的行事があり出席。

 9日には、志位委員長が郡山駅前で街頭演説を行います。今回の参院選挙では、5月に次いで2度目の来福に。不特定多数を対象に党の政策を語ります。安倍総理は、桃畑で支持者だけを相手に演説し、原発事故には一言も触れずじまい。年金問題でも野党は対案を示さないと嘘をつき、福島県民をだます首相の演説は酷すぎます。対案を示して希望と安心の政治をつくる共産党を比例で大きく伸ばし、選挙区では必ず水野さちこ候補を勝利させましょう。

8日朝、渡利松令橋たもとでメガホン宣伝。

 参院選挙が始まり拡声器を使った宣伝ができなくなったため、メガホンの地声で訴える宣伝を始めました。8日は、渡利の松令橋たもとで通勤通学者に地声で呼びかけるメガホン宣伝を実施。なかなか注目度も高く効果あり。比例は共産党、選挙区は水野さちこの声を広げていきます。 

f:id:m-sizue:20190708165009j:plain