宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

12月県の補正予算195.5億円。原油、物価高騰73億、コロナ対策32億

 6日開会の12月定例会に提出される県の補正予算案は、総額195.5億円。内訳の主なものは、原油、物価高騰対策に73億円を計上。国の肥料代補助に県が15%を、飼料価格高騰にはトン当たり2700円の県独自の上乗せを行います。また、医療機関への原油高騰対策として、診療所は1か所20万円、300床以上の病院に基礎支援100万円、299床以下の病院に基礎支援金50万円のほか、1床ごとに1万円を加算します。

 省エネ家電買い替え補助として価格の20%をポイント還元、商品券でも可能です。大型店でなく地元の電気屋で購入した場合は、還元が2倍の40%になります。是非地元の電気屋さんを活用しましょう。対象商品は、エアコン、冷蔵庫、エコ給湯、照明器具です。

 コロナ対策では、インフルエンザとの同時流行を見据えて、従来の医療機関への支援、コロナ対策センターの検査キットを確保数を1日8000個まで対応可能としました。

13日からコロナ感染で10日間自宅療養。

 12日の午後から微熱があり自宅で抗原検査をしましたが、陰性。翌日も同じく陰性でしたが月曜日に発熱外来でPCR検査を受けると陽性と判定。保健所からは1週間は外に出ないようにと指示がありましたが、この期間に家族も感染したので2人で自宅にこもりきりでした。食料は買い込んだのであまり不自由することはなく過ごしました。1週間過ぎても咳が続いたため、念のために10日間は自宅で様子を見ることに。まだ若干の症状が残っていますが、他人に感染たせる危険性はほぼ無くなったと思われるので、24日から県庁に出ています。症状が長引くのは年齢のせいもあるかもしれません。重症化しなかっただけは幸いでした。以後気を付けたいと思います。

10日、12月議会に向けた政調会。補正予算規模は190億円程度、コロナ、物価高騰を柱に。


 10日、12月議会に向けた政調会が開かれました。補正予算の規模は190億円程度になりそうです。コロナ対策ではコロナ対応病床確保などが中心、現在の即応病床は672床、2000人台の感染拡大を受け即応病床を760床規模に増床する方針です。感染者の詳細把握が無くなったため、クラスター発生状況も把握が困難になっており詳細届け出が必要な感染リスクの高い高齢者や基礎疾患がある人の分しか掴めなくなっているのです。感染状況がより詳細に把握できなければ、対策も抽象的にならざるを得ません。国がそうした把握しかしないからではなく、県として必要な把握の仕方を検討し、県民がどういうことに注意すればよいのかが伝わる注意喚起を行えるようにすべきと求めました。また、国の10月からの確保病床補助の大幅削減については、インフルエンザと同時流行が懸念されている今の時期にやることではないと批判すると、県も医療機関に病床確保の要請がしにくくなり全国でも問題になっている。知事会を通じて国に見直しを求めていると述べました。

 コロナ禍によるインバウンドの影響は大きく、コロナ以前の2019年には17万8800人が2020年には1割近い2万390人に減少、福島県来て効果もあり、今年9月から戻りつつあると言います。

 避難者支援関連では、またまた国家公務員宿舎の避難者を追い出す調停の申し立てする議案が新たに7世帯提案されます。現在国家公務員宿舎に避難するのは24世帯、既に裁判に訴えられたりその準備に入っているのは18世帯、残りの世帯のうち今回7世帯を調停申し立てすることに。避難者に冷たい県のやり方が今回も繰り返されることに。