読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮本しづえのかけ歩き

あかるくあたたかい県政へ

5日夜、沖縄県小名が県政の政策参与でもある照屋さんの講演会。沖縄の安倍政権と対峙する確固とした姿勢に福島県こそ学ぼう

 5日夜、安倍政権の強権政治と真正面から対決して頑張っている沖縄県から、照屋義実さんを呼んで講演会が開かれました。照屋さんは沖縄県の政策参与を務める方です。福島大学卒ということで来ていただきました。

オール沖縄の願いは基地をなくすこと。この立場に確固として立ち頑張る県政の姿は、原発事故に苦しむ福島県民を鼓舞し励ましています。照屋さんの話を聴いて、日中の本会議で内堀知事がオール福島で頑張ると答弁したことを思い起こして、その言葉の持つ意味の違いに気づき、慄然としました。安倍政権の県民切り捨ては許しつつ、言葉はオール福島という、これは詭弁としか言いようのないものです。

f:id:m-sizue:20161006102210j:plain